おおぶち整骨院は、地域医療を通じて秋田から北東北を活性化させたいと考えております。交通事故治療・腰痛・膝痛・慢性痛・スポーツ障害などお気軽にご相談下さい。

スポーツ活法

  • HOME »
  • スポーツ活法

自費の新コース『スポーツ活法』

スポーツ活法とは、多くのプロアスリート選手が、ケガの予防や早期回復の為に活用している活法(背骨・骨盤矯正法)で、ポキポキと背骨を動かす少し『ハード』な矯正法です。一番の特徴は、即効性があるという事。歪みが整うと、自然治癒力(回復力)が高まり、筋肉調整の効果も上がり、体の根本治療が行えます。患者様への負担も少ないため、アスリートだけでなく、一般の方々が抱える様々な症状や悩み、産後の骨盤矯正にも対応する事ができます。背骨矯正・骨盤矯正は、秋田市のおおぶち整骨院にお任せください。

頚椎矯正の適応症

肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、ヘルニア、頚肩腕症候群、五十肩、野球肩、手(上肢)しびれ、手(上肢)放散痛、顎関節症、メニエール

胸椎矯正の適応症

背部痛、胸痛、肋間神経痛、息苦しさ、側弯症、猫背、肩こり、寝違え、五十肩、上肢の放散痛、野球肩、上肢の症状(テニス肘、野球肩、腱鞘炎)

腰椎矯正の適応症

腰痛坐骨神経痛、ヘルニア、すべり症、分離症、変形性股関節症、変形性膝関節症、脊柱管狭窄症、下肢の症状(アキレス腱炎、足首膝関節症など)

【歪み】について

背骨や骨盤に歪みがあると、筋肉や関節、神経・血管が圧迫されてしまい、ストレスが加わります。要するに歪みがあるというだけで、血行不良を起こしてしまい、関節の動きも悪くなってしまうのです。これをアスリートに当てはめると、体が歪むことでパフォーマンスが衰え、回復力の低下による疲労の蓄積、ケガの原因にもなります。また、体幹がブレやすくなり、動きに左右差が出たり、動かしやすい動作とそうでない動作が明確に出たりもします。一般の方であれば、血流が悪くなると、回復力が低下し、様々な部位での『痛み』や『シビレ』、『コリ』や『ダルさ』の原因となってしまいます。

スポーツ活法による自然治癒力の向上

当院のスポーツ活法(背骨・骨盤矯正)を行うことで、筋肉や関節、神経・血管にかかっていたストレスが改善され、関節の動きが良くなり、人間が本来持っている自然治癒力(回復力)を上げられる、筋肉調整の効果をさらに上げられるという効果があります。アスリートに例えると、体幹のバランスが安定する。競技パフォーマンスが上がる。回復力が上がり、ケガの予防にもつながる。といったことが望めます。進行性のガンによる痛み以外には、適応しているので、一般の人であっても、様々な部位での『痛み』や『シビレ』、『コリ』や『ダルさ』の改善はもちろんのこと、背骨を整えることで、自律神経のバランスも整うので、外科的な疾患だけでなく、自律神経から現れている症状に対しても有効です。また、筋肉調整後や体をほぐした直後は調子が良いが、すぐに元に戻りやすいといった方々は、筋肉だけではなく、背骨や骨盤の歪みが原因になっているという方も数多くいらっしゃるので、長期間同じ症状で悩んでいる方や、同じ症状がすぐに元に戻り易くて悩んでいるという方などにもお勧めです。

スポーツ外傷・障害

スポーツを行っていると、運動時のケガや痛みは付き物です。アスリートは、身体が資本であります。しかし、身体が資本であるにも関わらず、トップアスリートになればなるほど、練習では繰り返しの動作が多くなり、身体に負荷をかけ過ぎて、酷使し過ぎてしまうので、『スポーツ障害』をきたしやすくなります。そして、万が一ケガをしてしまったら、1日でも早く練習に復帰したい、大事な試合の前に少しでもパフォーマンスを上げたい、ちょっとでも調子を良くしたいと思うものであります。自己紹介の説明でもお話をさせていただいた通り、僕自身もアスリート出身だったので、その気持ちが痛い程よく分かります。

スポーツ障害は、『スポーツ外傷』と『スポーツ傷害』に分けられていて、スポーツ外傷は、一過性の過剰な運動の矯正により、筋、腱、靭帯、骨などの組織損傷をきたしたものであり、『骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)』などがこれに含まれます。スポーツ傷害は、過度の運動の反復すなわち『使い過ぎ(オーバーユース)』による筋、腱、骨などの疲労と蓄積や虚弱化により、次第に組織の損傷や炎症を生じたものになります。

日本柔整外傷協会認定院のおおぶち整骨院

スポーツでの外傷(ケガ)は、初期治療が肝心です。しかし、スポーツ選手と実際に接していて思うのは、アスリートの方々は、プレーや競技に関する知識は高いのにも関わらず、ケガをした時の知識、早く治すための知識がまだまだ不足しているように感じられます。選手としての経験と、治療家としての臨床経験・知識を活かして、1日でも早く、スポーツ現場、練習に復帰させてあげたい。そんな想いを持って日々の治療の現場や、スポーツトレーナーの現場で、患者様や選手たちと実際に向き合って治療を行わせて頂いています。

万が一、スポーツをしていてケガをしてしまった時には、日本柔整外傷協会認定院であり、スポーツトレーナーとしての実績もある秋田市おおぶち整骨院にお任せください。急性のスポーツ外傷はもちろんのこと、使い過ぎによるスポーツ傷害でお悩みの方も、当院では保険診療で診させて頂いております。

こんな症状でお悩みの方々が多く通っています!

  • 1日でも早くケガを治して、大会に間に合わせたい。
  • 大会までにケガを治して、パフォーマンスを上げたい。
  • サッカーやラグビーなどのコンタクトスポーツを行っていて、接触プレーで膝・足首のケガをした。
  • サッカーやバスケットボールなどのカッティング動作(切り返し動作)で、股関節・膝が痛い。
  • バスケットボールやバレーボールのコンタクトスポーツで、突き指・捻挫・打撲をした。
  • 野球の投球動作や、水泳のストローク動作、バレーボールのインパクト動作で肩・肘が痛い。
  • テニスやバドミントン、卓球のスマッシュ動作で肩・肘が痛い。
  • ゴルフやテニスのグリップ動作で、肘・手首が痛い。
  • 陸上競技のダッシュ動作、ジャンプ動作、マラソンやジョギングの走る動作で、膝・足が痛い。
  • テーピングの巻き方が知りたい、テーピングの巻き方を教えてお欲しい。

こんな症状でお悩みの方々が実際に通っています!

  • 肩の痛み:腱板炎,、野球肩、水泳肩
  • 肘の痛み:野球肘、テニス肘、ゴルフ肘(外側上顆炎・内側上顆炎)
  • 手首の痛み:腱鞘炎(ドゥケルバン病)、三角線維軟骨複合体損傷(TFCC)、ばね指
  • 腰・骨盤周囲の痛み:腰椎分離症、すべり症、鼠径部痛、グロインペイン、梨状筋症候群
  • 膝の痛み:オスグッド・シュラッター病、ジャンパー膝、膝蓋腱炎、ランナー膝、腸脛靭帯炎、鵞足炎
  • 足の痛み:シンスプリント(脛骨骨膜炎)、アキレス腱炎、シーバー病(踵骨骨端症)、有痛性外脛骨、足底腱膜炎、外反母趾
このような症状の方たちも保険で対応しておりますので、アスリートでパフォーマンスを上げたい方、運動時の痛みでお悩みの方、スポーツ選手で体のケアをしたい方など、お気軽にご相談下さい。

つらい痛みは我慢せずに、まずはご相談ください。 TEL 018-838-0309 受付時間:
月/火/木/金
09:00~13:00/15:00~20:00
水/土
09:00~14:00
日/祝
休診

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © おおぶち整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.